test_不動産業の新たな建築事業2|建築コラム|さいたま市・埼玉県の不動産売却はハウスウェル

column

ハウスウェルからお届けする
建築・リノベーションなど
住宅にまつわるコラムです

test_不動産業の新たな建築事業2

今回は不動産開発に強みを持つ不動産業者についてご紹介します。
大手を中心に不動産業と建設業をセットで行っているケースが増えています。「デベロッパー」と呼ばれる不動産開発に強みを持つ不動産業者はその代表例です。

今回は不動産開発に強みを持つ不動産業者についてご紹介します。

 
デベロッパー・ゼネコンとは
 

デベロッパーは、土地やマンション、リゾート地、ショッピングモールやニュータウンなど、それまでにない新たな住宅街や商業エリアを開発する不動産業者です。

不動産業というと賃貸や新築・中古物件の仲介をするイメージが強いですが、都市開発や宅地開発、マンション開発などより大規模な企画を通して建築と販売を行います。

他方、エネコンとは、デベロッパーが企画開発する事業をかたちにする大手建設業者です。都市や宅地造成、マンションや商業施設の建築をデベロッパーから請け負います。

デベロッパーの下請けとして建築する場合もあれば、デベロッパーとゼネコンが共同で企画開発するケースもあります。
このように、デベロッパーとゼネコンの関係性、そのまま不動産業と建設業の建築を巡る関係をよく表していると言えるでしょう。


リース建築の登場

デベロッパーやゼネコンとが違った不動産業と建設業のマッチングもあります。土地活用のため賃貸マンションのリース建築を引き受ける不動産業者です。
空地に賃貸マンションや賃貸アパート、貸店舗などリース物件の設計・建築を提供。完成したリース建築は引き渡し後もその不動産業者が管理します。

土地オーナーは家賃収入を見込んで空き地を活用するため賃貸不動産を手にできるだけでなく、建築を請け負った業者が管理まで行うことで、家賃という定期収入を確保できます。毎月入居率に合わせて決まった家賃が入ってくる不動産収入は、人気の投資分野となっています。また、土地を所有したまま節税効果も期待できます。とくに相続税では、土地や建物をそのまま受け継ぐよりも、賃貸物件のほうが控除額が高いぶん、納税額が少なくて済むケースが大半です。このように、空地にしておくより積極的な土地活用をするほうが、長期にわたって魅力があるのです。

また、リース建築を扱っている不動産業者は賃貸物件の建築を請け負ってオーナーに引き渡してから、入居率アップを目指して営業を行います。不動産業の窓口で仲介することで、自社のてがけたリース建築の物件を優先的に紹介してもらえるメリットもあります。

このように、リース建築事業会社では、土地の有効活用やリース建築計画を土地オーナーに提案する営業部門、土地の土木工事から建物の建築設計や施工まで行う建築部門、完成した賃貸物件を効率よく入居者を取り込む仲介や賃貸管理を行う仲介部門といった3つのジャンルをまとめて展開しているのです。

デベロッパーやゼネコンとが違った不動産業と建設業のマッチングもあります。土地活用のため賃貸マンションのリース建築を引き受ける不動産業者です。

 

空地に賃貸マンションや賃貸アパート、貸店舗などリース物件の設計・建築を提供。完成したリース建築は引き渡し後もその不動産業者が管理します。

 

土地オーナーは家賃収入を見込んで空き地を活用するため賃貸不動産を手にできるだけでなく、建築を請け負った業者が管理まで行うことで、家賃という定期収入を確保できます。毎月入居率に合わせて決まった家賃が入ってくる不動産収入は、人気の投資分野となっています。また、土地を所有したまま節税効果も期待できます。とくに相続税では、土地や建物をそのまま受け継ぐよりも、賃貸物件のほうが控除額が高いぶん、納税額が少なくて済むケースが大半です。このように、空地にしておくより積極的な土地活用をするほうが、長期にわたって魅力があるのです。

 

また、リース建築を扱っている不動産業者は賃貸物件の建築を請け負ってオーナーに引き渡してから、入居率アップを目指して営業を行います。不動産業の窓口で仲介することで、自社のてがけたリース建築の物件を優先的に紹介してもらえるメリットもあります。

 

このように、リース建築事業会社では、土地の有効活用やリース建築計画を土地オーナーに提案する営業部門、土地の土木工事から建物の建築設計や施工まで行う建築部門、完成した賃貸物件を効率よく入居者を取り込む仲介や賃貸管理を行う仲介部門といった3つのジャンルをまとめて展開しているのです。
ょう。

新着コラム

request

建築・リノベーションに関するご案内や
ご質問・資料請求など何でもお問合せください!